ワンウェイとリターナブルの違いは?

ウォーターサーバーを選ぶ際に確認しておきたいのが、水のボトル方式です。
お水のボトルには大きくわけて「ワンウェイ方式」と「リターナブル(返却タイプ)方式」の2種類があります。

使い捨てのワンウェイ方式

ワンウェイ方式のお水のボトルは使い捨てのボトルのことです。
使い終わったボトルはつぶしてゴミに出せるので便利です。
軽量で小型のもの多く、ウォーターサーバーのボトルの主流になってきています。
空気が入らない仕組みでカビや雑菌の繁殖を抑えているので衛生的です。
また、返却の手間がないので留守がちの人にも便利です。
ボトル返却の手間はありませんが、ボトルの配達は宅配便を使っていることが多いため、自身での受け取りが必要です。

ワンウェイ方式が向いている人

  • 留守が多い人(お水の受け取りは必要)
  • お水を使う量が少ない人
  • お水の保管場所に困る人

ボトルを再利用するリターナブル方式

リターナブル方式(返却タイプ)のボトルはリサイクルして何度も利用するボトルのことです。
使い終わったボトルは業者さんに回収してもらうため、ゴミが発生せず環境に優しいです。
回収されたボトルは徹底的に洗浄されるため衛生面も問題ありません。
使い終わったボトルの保管と返却の手間がありますが、お水の価格が安いです。

また、ウォーターサーバーの業者さんが直接配送している所が多く、メンテナンスなどのサポートも安心です。
不在時には「留守置きサービス」といって、指定場所にボトルを置いておいてくれるサービスをしている業者があるので、逆に便利なケースもあります。

リターナブル方式が向いている人

  • 使う水の量が多い人
  • お水の料金を抑えたい人
  • 業者さんに色々まかせたい人
  • 留守が多い人(留守置きサービスありの場合)
  • ゴミを減らしたい方

留守置きサービスありのウォーターサーバー

アクアクララは、「あんしんサポート料」という月額料金がかかりますが、業者さんが直接配送するお水の「留守置きサービス」があります。
また、定期メンテンスや故障対応がついていて安心です。
お水の料金は格安ですので月に3本程度利用するのであればトータルコストはかえって低くなります。
不在時にも対応してもらいたい方にはおすすめのウォーターサーバーです。

アクアクララ

8年連続シェアNo.1

あんしんサポート料が必要ですが、専門スタッフが定期メンテナンスや故障対応をしてくれるので安心
水の価格が安いため、トータルコストが抑えられます。
アクアアドバンスならば、W省エネモードで電気代も負担がすくなく、おすすめのRO水です。

水の価格 入会金 サーバー料金 配送料
1200円(12L)
0円 1500円
※あんしんサポート料
無料
電気代 水の種類 ボトルの種類 宅配エリア
350円 RO水 返却タイプ 全国

投稿日:

Copyright© ウォーターサーバー徹底比較-SUGONAVI , 2022 All Rights Reserved.